MT4って使いやすい?実際の画面を使ってトレードを始めてみよう

  • 22/11/2022
  • FX
スキャルピング,FX,トレード

FXのやり方を色々調べると、短期・長期トレードの違いとか、こういうタイミングで売ったり買ったりすればいいとか、いきなり実践の話が出てきませんか?
そもそもFXってどんなものなのかな・・・と思って調べれば、理論とか概要が出てきてしまうし・・・。
私がFXについて勉強し始めたばかりの頃は、「知りたいのはそういうことじゃない(´;ω;`)」と思っていました。
自分にFXができるかな?無理なく続けられるかな?と心配な人は、まず取引の手順や操作方法を知りたいと思うはず。
例えば実際のトレードをする時に使うパソコンの画面を見れば、自分でも操作できるか、それとも難しいからやめた方がいいか判断できますよね。
ということで今回は、実際にFXでよく使われているMT4の画面を見ていきたいと思います。

裁量トレードについて勉強してみよう

FXは、自分の判断でトレードする方法と、私が使っている「Aroon Prime Trader」のような自動売買で取引する方法の2つがあります。
前者を「裁量トレード」、後者を「システムトレード」ということもあるので覚えておきましょう。
自動売買についてはFXの応用編みたいな話になるので、今回は基本の裁量トレードについて見ていきたいと思います。

 

実際のトレード方法を見る前に・・・基本をまとめておこう

早くMT4の画面を見せてくれ!という人もいると思いますが、FXの基本が分かっていないと理解できません。
まずはFXってどんなルールで成り立っているか整理しておきましょう。

FXトレードって何をするの?

まずFXってどんなことをする投資なのかをおさらいしてみましょう。
FXとは、異なる通貨を売買して、売値と買値の差から利益を得る方法です。
通貨の金利の差によってスワップポイントを得る方法もありますが、基本的には売買によって稼ぐトレーダーが多いでしょう。
FXで取引をするということは、次の2つの流れになります。

①新規注文…新しい取引をスタートすること
②決済注文…取引を終了し、損益を確定すること

通貨ペアを選び、取引する数量を決めて注文を出すのが「新規注文」です。
注文が約定されると、選んだ通貨ペアで「ポジション」を獲得し、相場が動くたびに保有している通貨の価値が変わります。
ポジションを売る、買い戻すことは「決済注文」であり、その時の相場によって損益が決定します。
つまり、新規注文と決済注文は、一連の流れということですね。
新規で注文してから決済するまでは、含み損や含み益が膨らみ続けます。

新規で「売る」ってどういうこと?

新規注文は必ず購入になるわけではなく、売却から始めることもできます。
例えば、
「1ドルを100円で買う」
「1ドルを100円で売る」
という2つの取引は、どちらも新規注文です。
単純に考えると、ポジションを新規で買い、それを後で売れば損益が発生しますよね。
「売り」から始めるって、どういうことなのでしょうか。
新規注文を売却で出すことを、「空売り」といいます。
例えば「1ドルを100円で売ろう」と考えてみましょう。
初めての注文の場合、あなたはドルを持っていません。
新規でドルを売りたい時は、FX会社にドルの対価として「証拠金」を支払う必要があります。
証拠金を受け取ったFX会社は、あなたに売り注文を出した時点のドルの価値を与えます。
あなたはFX会社に対して、ドルを買い戻す義務を負います。
このポジションを決済するには、あなたがドルを買い戻さなければなりません。
実際にドルを買い戻すと、売り注文を出した時との価格の差が損益になります。
空売りとは実際の通貨は動かさず、「後で買い戻すね」という約束をして先に売ってしまう取引方法です。

利益が発生する仕組みをおさらい

どんな時に利益が発生するか、どうなったら損失になるかということも把握しておきましょう。
反対に覚えてしまうと、いくらやっても損してしまいます。
これだけは絶対忘れないように注意です!

【新規注文を「買い」でスタートする場合】
安く買い、価格が高くなってから売れば利益が発生します。
相場が上昇すれば利益になると覚えておきましょう。

【新規注文を「売り」でスタートする場合】
高い時に売り、価格が安くなってから買い戻せば利益が発生します。
相場が下降すれば利益になると覚えておきましょう。

それぞれ相場がどちらに動くか予想して、新規注文の出し方を決めます。
予想が当たれば利益に、予想が外れれば損失が発生しますね。

FX,ポジショントレーダー

ここまで覚えたら実践してもOK♪

今お話ししたことが理解できていれば、実際にFXを始めても良いと思います。
初心者は初めから全てを勉強してから実践しようとすると、時間がかかりすぎてしまうでしょう。
ある程度の基本や、注文の出し方による結果の違いが分かったら実際のトレードを始めてみてください。
経験を積みながら勉強すれば、より効率的にFXを理解できます。

いよいよMT4の画面を見ていこう!

それでは実際にどんな画面が出てくるか見てみましょう。
FX会社によって使うツールが違いますが、今回は多くの人に使用されているMT4で解説していきます。

①通貨ペアを決めよう

まずは、通貨ペアのチャートを表示させ、相場を確認してみましょう。
画面上部の「表示」から「通貨ペアリスト」を選択すると、通貨ペアの一覧が表示されます。
ここから1つを選択し、「表示」ボタンを押すと有効になります。
次に「閉じる」ボタンを押して、左に「気配値」ウインドウを表示させてください。
先ほどの一覧から、選択した通貨ペアをチャート上にドラッグ&ドロップするとチャートが表示されます。
同じ手順で他の通貨ペアのチャートも呼び出せるので、それぞれ相場の動きを確認してみましょう。

②注文発注画面を呼び出す

新規で注文する方法は「ワンクリックトレード」と「オーダー発注」の2つがあります。
今回は、初心者におすすめのワンクリックトレードで見てみましょう。
先ほど呼び出したチャート画面上のどこでも良いので、右クリックしてください。
表示されたメニューの中から「ワンクリックトレード」を選択します。
チャートの左上にウインドウが表示され、ここから注文を出すことができます。

③成行注文を出してみよう

ワンクリックトレードでは、その時の価格で注文する「成行注文」になります。
指値注文などで条件指定する場合は「オーダーの発注」画面から操作しなければなりません。
詳しくはまた後日解説していきますね!
今回は成行注文を出してみましょう。
ワンクリックトレード画面に表示される▲と▼に挟まれた数字はロット数です。
直接入力するか、▲▼で調節してください。
「SELL」のボタンをクリックすると、現在の価格で売ることができます。
「BUY」のボタンをクリックすると、現在の価格で買うことができます。
パネルの色は青色か赤色になり、前回の値よりも現在の価格の方が大きければ青色、小さければ赤色が表示されます。
買い注文の場合は価格が上昇すれば利益になるので、これから上がると予想した時は「BUY」を押してください。
反対に、売り注文を出す場合は価格が下降すれば利益になるので、これから下がると予想した時に「SELL」を押しましょう。

④新規注文の価格を確認しよう

「SELL」または「BUY」のボタンをクリックすると、注文が発注されます。
約定されると、チャートの上に緑色のラインが出てくるでしょう。
実際に獲得したポジションの価格は、このラインによって確認できます。
ここから価格がどう動くか、チャートを見る時の目安になりますね。

 

今回は、MT4画面の新規注文を出すところまで解説してみました。
損益を確定させるには、次に決済注文を出す必要があります。
それはまた後日、実際の画面から解説していきますね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です